高校入試対策講座の授業の様子

こんにちは!
高校入試対策講座で、国語を担当している氏本です。

高校入試対策講座の国語の授業では、岡山県の過去問を使って授業をしています。
国語のテストは、説明文・物語文・古典・作文の4つのパートに分かれていて、授業では毎回1つのパートを取り上げ、その攻略ポイントを解説しています。

しかし、各パートのポイントを押さえる学習と並行して身につけておきたいのが、時間配分の意識です。
本番の試験は45分。単純に分配すれば各パートに使える時間は10分ちょっとです。授業では、これを、説明文・物語文は12分、古典・作文は10分に区切って解いてもらうトレーニングをしています。国語は、時間がなかったから最後までいけなかった・・・、となるケースが多いです。実際、夏に実施した塾内の模試では、7割弱もの生徒が、最後の作文にたどりつけなかったか、作文が完全でなかったため、得点できていませんでした。
作文は、トレーニングをきちんとすれば、高得点を狙えるパートです。時間をきっちり管理して、点数の上積みを狙いましょう!

さて、先週の授業後に、西中のIさんが、こう話しかけてきました。

「先生、こないだの実力テスト、時間配分がきっちりできて、最後まで解けました!」

その言葉が聞けて、とてもうれしく感じるとともに、トレーニングの積み重ねによるIさんの成長が頼もしく思いました!結果も期待しています!!

Contact

CONTACT

お問い合わせ

無料体験授業や検定、講習のお申込み、資料請求や咲塾へのご質問等がございましたら、気軽にお問い合わせください。