「受験生必見!盲点だった、模試判定の仕組みとは?」

受験生なら誰でも模試の判定は気になりますよね。

この時期で言えば、大学受験の二次試験を控えた、高3生は共通テストリサーチが返却され、その判定内容をもとに国公立の出願を決定しているころですよね。

また、中3生で言えば、当塾で実施している模試の結果が返ってきている頃でしょう。

一喜一憂しないようにと私たちも言っていますが…

最近気になるのは、A判定でないと不安で仕方がない生徒さんです。

自分がA判定でないと、落ち着かない様子の受験生が多いような印象です。

勿論、気持ちはわかりますよ!

ただ、判定ばかり気にして、勉強リズムが崩れているなというケースも過去何人か見てきたのも事実です。

中には、判定が下がって、志望校を落としてしまう子もいますよね。

良い悪いは別として、志望校を下げると、余計に調子がのらず、さらに勉強リズムが乱れ、次回の模試では前回の模試よりも判定を落としてしまうことも。

やはり、大切なのは判定によらず、志望校と現状のテンションを埋めるために、毎日頑張ることではないでしょうか。

実際、模擬試験のE判定には、全受験生の60%が含まれているというデータもあります。

ここから言えば、D判定の生徒さんは、受験者数の半分以上に位置しているコトが言えますね。

なおさら、BやC判定を取って、不安に思う人は見かたを変えると、なかなかいい位置にいるのです。

そこから言えば、悩んでいる以上に、手を動かした方がいいのでは。

いよいよ、本番の試験が目前ですが、しっかり最後まで頑張っていきましょう。

相手は騙せても、自分は騙せないのが受験勉強だと思います。

応援しています!

Contact

CONTACT

お問い合わせ

無料体験授業や検定、講習のお申込み、資料請求や咲塾へのご質問等がございましたら、気軽にお問い合わせください。